【豊岡東霊苑】青空に映える黒系デザイン墓

豊岡東霊苑に新しいデザイン墓を施工することができました。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

 

IMG_20210617_065421
お墓のアドバイザー大北和彦です

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」取得者です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店です
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事をしております

おおきた石材店はお墓のことを全く知らない人にも、お墓を建てる時に大事なことをわかりやすくお伝えすることを第一に考えて情報発信しています。

IMG_20210828_115951

最終段階、お墓の石と石の隙間を敢えて開けておいて、そこに防水と密封、美しい仕上げの役目を負う「シール材」というものでその隙間をふさいでいきます。石同士がわずかな隙間で設置されているのが、従来の関西圏のお墓施工の主流でしたが、それでは防水が無理となります。

どんなに精密に密着してあっても、石と石の間は水が通りますし、中に水が浸入します。

逆に石同士が密着していると石が欠けてしまうリスクが高まります。現に古いお墓の撤去や移転の際、石を取り外すと石が施工時に欠けて補修した後をよく見かけます。精巧に作れば作るほど、欠損のリスクが高まるのです。

そのリスクをなくすため、敢えて石同士の隙間を2ミリから3ミリ開けて、そこにシール材を充填させるのが、今の主流の施工方法です。

上の写真、黄色いテープを貼っている部分にシール材を充填します。

 

IMG_20210828_162333

完成しました。白い石と黒い石のコントラストが美しいですね。

 

IMG_20210828_162343

お墓の左右も石を張っています。墓地のカロート内にできるだけ雨水等が浸入しないように。

 

IMG_20210828_162336

お墓の部分、上の段はそのままの石張仕上げですが、下の段、参拝される方が歩かれる部分は滑り止め加工を更に施しています。
磨いた石はほんとに滑りやすいです。雨の後の濡れた石の上を歩いて怖い思いをされた方もいらっしゃると思います。

 

IMG_20210828_162437

後ろもすっきりとした仕上がりとなっています。

 

IMG_20210829_104856

 

個人的にはこの角度からの様子が好きですね。右側の波の彫刻が強調されて、このお墓のデザインが持つ美しさが際立っています。

 

IMG_20210828_162448

家紋も水鉢の正面に彫刻しました。

IMG_20210829_104806

青空に映えて、美しいお墓となりました。

 

このお墓のデザインにご興味ある方は以下からお問合せ下さい。

電話、メール、LINEよりご連絡いただけます。

 

 

 

 



雨漏りしないお墓~「信頼棺」®
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「おおきた石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター試験」第1回(2級)試験に合格、その翌年から開催された「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、お墓についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。