【豊岡市営霊苑情報】関東型外柵はどうしてダメなの?

関東型外柵はダメ

アイコン画像
お墓のアドバイザー大北和彦です。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店
☑ お墓ディレクター1級取得者
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」代理店
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事

外柵というのはお墓の周囲を囲んで、お墓の境界を示すとともに、お墓自体を守る構造物です。形は様々ですが、石で作られることがほとんどです。

形が特に決まってはいないのですが、おおよそのカタチとして、関西に比較的多い「関西型」という形と関東、あるいはそれ以外の地域によくある「関東型」という形があります。

関西型というのは、豊岡あたりでよく見かける長い石で四方を囲っただけ、という形です。

 

bitmap

こういう感じですね。四方を囲っただけ、です。
お墓の高さがある場合は、この部分に階段を設置します。

関西型外柵+階段付き

こういう形です。よく見る形ですね。

それに対して、関東型と呼ばれるんですが、この階段の左右に大き目の石を設置してあるタイプがあります。

関東型外柵

この入り口の左右の端にある石を「親柱」と呼ぶのですが、この程度の大きさなら全く問題がありませんが、これがさらに巨大になると、困ったことになります。

 

親柱がジャマ

親柱が大きくなりすぎると、入り口が狭くなってしまい、お参りしにくいお墓になってしまいます。デザイン重視しすぎるとお墓本来の「お参りするスペース」の意味がなくなってしまいます。

また、豊岡西霊苑によく見かける風景なのですが、丸墓前灯ろう、各墓前灯ろうを入り口に設置されているお墓をよく見かけますがあれも同様に入り口が狭くなるだけでなく、灯ろう自体に肩が当たったりしてケガをしやすいので避けた方がいいデザインです。

豊岡市営霊苑は一番小さいサイズの墓地で6平米と広さとしては、十分お墓を建てるサイズあるんですが、入り口の左右の幅が2m。奥行が3メートルと、縦長の土地です。お墓本来なら左右が広くて奥が狭い、という構造が最良なのです。そういう意味では入口から入ってある程度奥まで入らないとお参りできないので、入口に大き目の構造物があると入りにくいのです。入口はできるだけシンプルで何もない方が広く有効利用できます。

そういう意味で、入口に親柱を設置しなくてはならない「関東型外柵」は豊岡市営霊苑には不向きだと、私は考えます。

※ もっと広い墓地になると、まったく話は変わってきます。入口が2mしかない墓地の限定記事です。

 

 

お墓で一番大事なのは「構造」。あなたのご希望に沿った構造のお墓をご提案します。兵庫県豊岡市で唯一のお墓ディレクター1級取得者。雨漏りしないお墓のご提案もしております。おおきた石材店です。

ご質問、見積依頼はこちらへどうぞ。
http://ohkita-sekizai.com/contact-2

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。