兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

【豊岡西霊苑】墓地の選び方(D~G区画編)

  
\ この記事を共有 /
【豊岡西霊苑】墓地の選び方(D~G区画編)

今年最後の投稿となります。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

豊岡市営霊苑の墓地の区画の選び方、最後はÐからF区画までの選び方です。

ÐからFまではAからCまでと比べたらそれほど大きな問題はないですね。それでもいくつかポイントがあります。

「駐車場からの距離」問題

上からÐブロック、Eブロック、Fブロックですが、それぞれブロックでの違いはあまりありません。

強いて言えばDブロックは上の駐車場(すぐ上に駐車場があります)から階段で降りてくるだけ。

Fブロックは下の駐車場(写真では見切れていますが、この下すぐに駐車場があります)から階段で上がってきたらすぐ、ですがE ブロックのみ、歩く距離が遠いですね。

ただ横の市道に止めればさほど距離は変わらなくなります。市道に路駐するのが嫌な方には少し不利ですね。

「墓地の高さ」問題

墓地のそれぞれのブロックの高低差はあまりありませんが、水が流れるように少しだけ勾配を取ってあります。

それぞれ赤の円で囲ってある部分の通路が一番高く(つまり、墓地の高さとの差が少ないので、工事費用は安くなる可能性が高い)、それから離れるほど、通路が低くなります。降った雨が外に流れやすくなるように、ということですね。お墓の高さはすべての区画が同じで設計されているので、その分、墓地区画が通路から高くなるのです。

それぞれDからGブロックの真ん中の墓地と一番端の墓地ではお墓の工事費用は異なる可能性が高いですね。

ÐからFブロックまでしか写真にはありませんが、Gブロックも同様です。

写真は通路から墓地の区画を撮影したんですが、赤い線のあたりが一番端の墓地です。

ライムグリーンの線のあたりは一番中心で通路が高い部分ですが、赤い線の部分、矢印の部分の高さがこの赤い線の部分は真ん中あたりの墓地に比べたら、3倍くらいの高さがあります。

真ん中なら2段、場合によっては1段でも行けるのが、端になれば3段は必須となります。それだけ高くなるので費用は上がるのは当然ですね。

 ※ あくまでこれは目安です。実際はその墓地それぞれで異なるので、確認が必要です。

落ち葉が多い問題

最後に落ち葉の問題です。

さほど多くないのですが、やはり落ち葉が定期的に落ちてくるかどうかは大事ですね。

この青線枠あたりは比較的落ち葉が多いかもしれません。

あくまでこれは目安で、落ち葉もこのエリアの中でも少ない多いはあります。

G区画の場合

G区画の場合も基本的に同じです。

このように真ん中あたりが比較的通路が高く、山際が落ち葉が多い可能性が高いですね。

まとめ

以上、豊岡市営西霊苑の墓地の区画の選び方でした。

もちろん、空いている区画がある、ということが大前提ですから、少ない中での選択となり、ある程度の妥協は必要となります。

場合によっては、ここではなく、東霊苑の方がいいという場合もありますよね。車でお参り、を前提なら私は東霊苑をお勧めします。駐車場からは階段なしでお参りできますし、空き区画も多いです。

でも、いろいろ選択の結果、西霊苑がいいとなった場合、ここに書いた情報はかなり大きな情報となります。

新しい墓地をお探しの場合、ぜひ参考にしてください。

Copyright©おおきた石材店,2021All Rights Reserved.