【豊岡西霊苑】最も多い不具合とは

最も多い不具合は

豊岡市営西霊苑でとても多い不具合があります。

 

豊岡西霊苑では、この構造のお墓が多い、と書きました。

DSC_0030

正面に入り口があって、その左右に短めの石を設置している構造です。

そして、私が施工したお墓。

DSC_0012

階段は違いますが、基本的な構造は一緒です。この形、いくつかの石の組み合わせなんですが、一番弱い場所って、分かりますか?

DSC_0011-2

この部分です。(赤枠の部分)

比較的小さな石で出来ていて、しかも、手前は何もない。つまり、手前に押し出されたら、落ちてしまうのです。
この部分の石が押し出されて、手前に落ちそうになっているお墓、かなりたくさんあると推定します。西霊苑にですが。。。ちなみに、内緒ですが、私が現在工事しているお墓の2件隣のお墓もすでに押し出されて、「ご自由にお持ち帰りください」状態になっております。。。(誰かに持って帰られる、のではなく、簡単に取り外せる状態にあるということ)

これは、構造上、仕方のないことなのです。特に、以前の固定金具のなかった頃のお墓は、外れないのが奇跡、というくらい外れまくっておりました。今、外れるのは、施工不良か、手抜きだと言われいても仕方ないですけどね。
ただ金具を付ければ何でもいい、というのは違います。昔、私も使っていた鉛の部品が含まれた固定金具はダメです。「本体打ち込み式」と呼ばれる形状のやつですね。

アンカーが緩む

その一部が鉛(なまり)で出来ているんですが、簡単に緩みます。どうせ金具を付けるなら、「ウエッジ式」と呼ばれる形状の金属アンカーでないとダメです。しかもオールステンレス製のものを。
鉄製だと腐食膨張して、石を破損する原因になります。ウェッジ式の方が穴が小さくて済むので、空けやすいですし、石にも負担が少なくで済みます。

 

で、おおきた石材店の場合、

金具はステン製

石同士はまず専用接着剤で固定、その上に、ウェッジ式の固定金具で固定。更に、外れやすい前の石の外れ防止のため、基礎のコンクリートと石も同じウェッジ式アンカー金具で固定します。(上の写真)

その上から、コンクリートを施工して、金具ごと埋め込むので、ほぼ外れません。というか、もし、解体依頼が来たとき、大変だろうなってときどきふと思ったりするくらいです。(^_^;)

関東型の外柵ってありますよね。最近、時々見かけるようになりましたが、、、

DSC_0293

これも実は、関東の石屋さんがこの弱点を発見して、構造上、弱点をなくそうとして、今の親柱付の関東型外柵を考え出したのでは。。。と、私は考えております。(違うかな。。。(^_^;)。

個人的には、この関東型あまり好きではないので、めったに作りません。入り口が狭くなるのでね。間口(入り口)の狭い墓地では、避けた方がいいのでは。(これは違う話なので、また別の機会に。。。)

 

 

 



雨漏りしないお墓~「信頼棺」®
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「おおきた石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター試験」第1回(2級)試験に合格、その翌年から開催された「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、お墓についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。