Tag Archives: 玄武岩

IMG_20190802_155841

玄武岩で作った表札、作成しました

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

暑い夏が続いておりますが、お元気でしょうか?
すでに、暦の上では「秋」なんですけどね。

 

兵庫県の石であり、豊岡市の石でもある「玄武岩」ですが、時々表札の依頼があります。
玄武岩を薄くカットして、表札に。
玄武岩の独特の形状、磨いた深みのある黒色。
いずれも表札にはもってこいの雰囲気を醸し出しています。

IMG_20190802_155918

字の書体、バランス、デザイン等はすべて、施主様のご依頼通りです。

黒地に白の文字。細い書体。いずれもいい感じですね。

 

IMG_20190802_155854

裏側に余った石を接着剤で固定しました。壁に取り付けるのではなく、下に置くタイプの表札にしたいというご依頼。

 

 

IMG_20190802_155847

横から見ると、このような感じです。

地面に置くタイプの表札は、初めて作りましたが、いいですね。これはこれで。

 

IMG_20190802_155841

黒色が濃い玄武岩なので、非常にいい感じに出来上がりました。玄武岩の表札、味わいがある、和風な表札となります。玄武岩の独特のカタチも周囲に残しつつ、文字彫刻によって、いろいろな姿を現してくれる石です。

興味ある方、ぜひご依頼、お待ちしております。

 

 

メールお問合せ

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20190701_141546

玄武岩を割ってみました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

最近、玄武岩がいろいろ引っかかってきて、いろいろ試しております。

玄武岩を割ってみました。

IMG_20190701_141539

玄武岩を加工するタイミングがなかなかなくて、放置状態なのですが、
久しぶりに割ってみました。
割った瞬間、生まれて初めて、数百年、数千年ぶりに外界に触れる割り肌が見えて、
ちょっと感動します。
石にとって割り肌、割ったばかりの面はホントに新鮮で、
その石がもともと持っている色が飛び出してくる感じです。

IMG_20190701_141546

しかも、玄武岩は目がきついので、水平方向に簡単に割れてしまいます。
ここから、少し加工してみたいと思います。
すぐにはできませんが、時間を見て。。。(^_^;)

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20190226_080135

鉄平石を玄武岩で代用

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
春めいてきて、もう春??と思っておりましたが、
実はまだ2月でした。
今年の季節は早めですね。

 

 

IMG_20190226_080135

堤防の土手の水仙も咲きだしました。
ホントに春が近いかもですね。

 

 

IMG_20190226_080021

今年の冬はこういう晴れた空が多かった気がします。
但馬の冬がすくなかったのかも。

 

父が建てた移転記念碑。
台の延石がずれていたので、修理しました。

IMG_20190204_100039

金具が鉄製で、錆て劣化してしまったようです。

IMG_20190204_115959

石を正しい位置へ戻して、ステンレス製の金具で固定。

 

 

IMG_20190223_155327

最後の上に貼ってある鉄平石を貼って完成なんですが、この部分だけ、石がない。。。(^_^;)

考えた末、玄武岩を薄くカットして張ります。

IMG_20190223_171123

なんとか、収まった???

 

 

IMG_20190223_171137

多少の違和感はありますが。。。
目地が揃ってないのは、ご勘弁を。。。(^_^;)
費用の問題で、鉄平石は用意できなかったので。。。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

IMG_20181028_095032

「赤石」の地名の由来、ご存知でしたか。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
ずいぶん急に寒くなって来ました。
もう雪が降るんじゃないかってくらい、寒いです。。。

先日、「歩こう会」で地元を歩いてみて、分かったんですが、
「赤石」地区。兵庫県豊岡市赤石、です。
地名の由来は「赤い石」が採れたから。
です。
やっぱり地名って、名は体を表す、ですが、
意味があるんですね。

ちなみに、赤石地区は兵庫県の石、豊岡市の石でもある
「玄武岩」の採掘場があった、玄武洞公園がある地区です。

IMG_20181028_095047

赤石地区を歩いていると、
「その軽トラックの奥に赤石あるよ」と
地元のガイドさん。

ホントにありましたよ。

IMG_20181028_095052

周りには、玄武岩の石垣なんですが、ここだけ、赤い石。赤石です。

 

IMG_20181028_095032

邪魔な草を引っこ抜こうとするコミュニティー事務局長の村田さん。(^_^;)

 

実は、玄武岩より古い160万年前に出来た石らしいです。
赤石地区の式内神社である「式内兵主神社」のあるあたりは、赤石がたくさん転がっております。

IMG_20181028_095826

岩に見えるものは、ほとんど赤石です。
(灯ろうはかすかに違いますが。。。(^_^;)

その後の玄武洞でのガイドさんの説明で見せて頂いた石にもありました。

IMG_20181028_103732

左上の赤い石がそうなのかな、って思ったんですが、
これは火山から噴火した噴石だそうです。(神鍋の噴石だそうです)

右の6つに区分けされた入れ物の左上。
板石がはみ出ているものが、流紋岩。
マグマが噴火して地表に出て固まったもの、あるいは地表近くで急速に固まったものを
火山岩と言いますが、その3つの種類、玄武岩、安山岩ともう一つが流紋岩。

赤石から採れる赤い石は流紋岩だとのことでした。

 

 

IMG_20181028_103734

あんまり赤くないですが。

地名って、実は侮れないものですね。
名は体を表す、でした。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_2193

玄武岩を利用した沓石(基礎になる石)製作

 

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は太陽が顔を出して、少し暑いくらいの天候でしたが、
小学校の運動会に来賓として参加させて頂きました。

DSC_2168

前に座っているのは、わが豊岡消防団第六分団の分団長。
一緒に子供のかけっこの観戦です。
分団長はすでにお孫さんが走っておられますね。

DSC_2171

今年のPTA会長のあいさつはなかなか素晴らしい挨拶でした。

でもって、今日はお彼岸の中日なので、
お墓参りにも行ってきました。

DSC_2173

真ん中の息子と嫁と三人です。
下の子は足の打撲のため、自宅待機です。

 

午後から、急に依頼のあった家の柱の沓石(基礎となる石)の制作。
三つだけですが、急ぎの製作です。
豊岡、いや兵庫県の石、「玄武岩」にて製作しました。

DSC_2183

右はカットしたままの玄武岩。
左はそのカット面を磨いた玄武岩。

様子が全く違いますね。

DSC_2191

両方磨いてみたら、こんな感じ。

濡れていても色が濃いくなるし、
光の当たり具合でも色が違います。
玄武岩はとても面白い石ですね。

 

DSC_2193

三つ磨いて、
柱のほぞ穴(固定するためのくぼみ)を開けて
完成です。
近所の玄関の石になる予定です。

 

玄武岩、磨いても、カットしても
表情が違う、とても魅力的な石です。
いろいろな場面で使ってみたいですね。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0010

玄武岩は兵庫県の石です。

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
ノートパソコンを購入しました。
なので、工場でしか更新してなかったブログを自宅でも更新できるようになりました。
もう少し更新頻度を上げることができると思います。

DSC_1790

これです。画面が小さいのは、すぐ慣れるでしょう。。。
家で更新できるのは本当にありがたい。

 

ところで、47都道府県それぞれ各県に「〇〇県の石」というものが決まっていて、
兵庫県は実は豊岡市でかつて産出していた玄武岩が兵庫県の石となっております。
私も玄武岩の採石場だった「玄武洞公園」に最も近い石材店として
玄武岩はいろいろ注目しております。

玄武岩は今はお墓の石には使えないですが、各地に玄武岩が石垣の石として
使われています。
城崎の街並みに流れる大峪川(おおたにがわ)の護岸には、玄武岩が積んであります。
俗に「城崎積み」と呼ばれるそうですが、どの積み方が城崎積みなのか、
私にはよくわかりません。

DSC_0367

これが玄武岩の基本的な積み方ですね。
「平積み」とか「布積み」とか俗に呼ばれる積み方です。
玄武岩の小口を見せる積み方で、自然な玄武岩の風合いを重視した
積み方ですね。
一番多い積み方で、比較的簡単な手間のかからない積み方です。

DSC_1734

こちらは、豊岡簡易裁判所横手の石垣です。同じく玄武岩が積んであるのですが、
より風化した玄武岩が使用してあります。
角がずいぶんなくなっていますね。
しかも、上の写真より平たい大き目の石を使ってあります。
これは、石を積んだ方(石材店?工務店?)のストックしている石の種類によって、
違ってきます。

もう一つの積み方がこちらです。

DSC_0009

このように同じ小面(こづら)を見せる積み方ですが、平行に積むのではなく、
斜めに倒して積む積み方です。
谷積みと俗に呼ぶ積み方です。
こちらもよく見かける積み方ですが、平積みよりも難しい積み方です。
この積み方ができる人は少なくなってきていると思います。

私自身も父に積み方を教わりましたが、ほとんど積んだことがないので、
今では積み方が微妙に忘れている気がする。。。

DSC_0010

手前が谷積み、奥が平積みで、それぞれの積み方の比較に絶好のポイントがここです。

 

DSC_0371

こちらも、平積みと谷積みの比較ポイント。
ただ、右側の谷積みはかなりいろいろなサイズの石を利用しているので、
乱雑に見えます。
石の大きさを揃えて積めば、非常に美しく積めるのですが、
かなりの数の石を用意しないと石の大きさを揃えることはできません。
なので、このように煩雑になるのは、ある程度は仕方ないですね。

 

o0800060013090129064

こちらはカトリック豊岡協会の石垣です。
以前もご紹介したことがありますが、
豊岡で一番美しく手間のかかった石垣です。

こちらも、玄武岩の平積みですが、
はるかに手間がかかっております。

o0800060013090129324

先ほどの野面(のづら)に近い自然な玄武岩に近い石を積んだ石
(実はそちらも結構加工してあるんですがね。。。)
に対して、
こちらは加工して、かなり美しく平面を作ってある石垣です。
かなり手間がかかっている石です。
玄武岩は加工はしやすいのですが、めがきついので、加工しやすい方向と
加工しずらい方向があります。
意外とこの子面(こづら)、つまり側面は加工しにくいんですね。

t02200293_0800106713090129327

このようにしっかりとラインが出ているので、
なかなか大変な手間をかけて加工されています。

どちらの玄武岩の石積みも豊岡市内でよく見かけますが、
これほど美しく、大きい石垣は他にないですね。

 

まだ、他にも素晴らしい玄武岩の石垣があります。
機会があればご紹介したいと思います。

玄武岩はお墓には使いづらいのですが、
いろいろな魅力がある石です。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0034

兵庫県の石、玄武岩の石積み

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓のプロ、おおきた石材店です。
今日は土曜日なので、自由なお題で投稿を、と思いましたが、
やっぱり気になるのは。。。石ですね。

ということで、
豊岡市の石、兵庫県の石でもある「玄武岩」が採掘されていた玄武洞公園の近く
赤石地区では玄武岩が大量に使われた石垣がたくさん残っております。

DSC_0009

こちらは、玄武岩の小口を使った「谷積み」

DSC_0010

手前は谷積みですが、下の方はもう谷積みになっておりませんね。
奥の違う石垣は
「平積み」あるいは、「布積み」の玄武岩。

 

こちらは、別の地区。
先ほどよりもまだ新しい石垣です。

道の両側に玄武岩が積んであります。

DSC_0029

上の写真の先ですが、
曲面で積んであります。

DSC_0034

一部崩れつつありますが。。。

DSC_0035

なかなか手間のかかった玄武岩の平積みです。

 

豊岡市内には、玄武岩の石積みが各地に残っております。
採掘場の近くということもありますし、
流れの弱い円山川を利用して、たくさんの玄武岩が運ばれたんだと思います。

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0001-2

「サクラサク」!!

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

本日、兵庫県の県立高校一般入試合格発表があり、
うちの息子も合格することができました。
感謝です。

DSC_0009-2

いや、緊張しますね。
合格発表って。
何年ぶりだろう。。。

自分の合格発表よりも緊張したかも。。(^_^;)

 

ところで、
その合格発表された高校へ向かう道すがら、
見つけました。

DSC_0004

玄武岩の石積みの上に切り石にした「竹野石」を一段積んで、
地盤を高くしてある家です。
豊岡市は昔から水害が多発していて、
このあたりも地盤が低いので、こうして自宅を少しでも高くするために
石を積んであるんですね。
玄武岩をある程度積んで、その上にアクセントとして、
切り石にした「竹野石」を積むのは、よく見られる光景です。
いいアクセントになるんでしょうね。

DSC_0003

結構な長い距離、積んであります。
この写真の道の右手奥に高校があって、
その先は神武山という小高い山のそばを道が通っているので、
上り坂になっています。
そこからずっと下がってきて、
この当たりがから平地となります。

DSC_0001-2

かなり古いものですが、
とてもきれいに積んでありますね。
石段も玄武岩ですね。

兵庫県の石、玄武岩ですが、
豊岡市内では、採掘場が非常に近いこともあって、
たくさんの玄武岩が使われています。

その一端がこの玄武岩の石垣積みですね。
豊岡市内にはまだまだたくさんの玄武岩の石積みがあります。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0012

お墓の立て直し、はじめました③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

お問い合わせは、こちらから。

 

今朝、工場に来てみたら、気付きました。
こんなものが。。。

DSC_0002

南側にも。。。

DSC_0004

草刈りして、刈った草を固めてこんな状態になっているんですね。

DSC_0008

おそらく、但馬牛のエサになるのでは?ないでしょうかね。

DSC_0010

しかし、便利なものがあるんですね。

草刈りもあとの始末が結構大変ですもんね。

 

さて、昨日の玄武岩ですが、いろいろご意見いただきましたが、私は、まず、ドリルで矢穴を開けることにしました。

 

DSC_0043

よく見たらわかるかもしれませんが、後ろのお墓、非常に大きい、というか、広い。

 

横に広いお墓でして、3区画分くらいの広いお墓で、見えている地周りの基礎石も非常に長い一本もの。多少の衝撃でも大丈夫では?と考えました。
なので、ドリルで割って、上に見えているはみ出したモルタルらしきものも邪魔なので、そのままカッターでカット。

そのままカットするより、いったん割ってからカット、の方が切りやすいのでそうしました。

 

が、

 

こっちも予想外!!

 

DSC_0052

実は、切れてました。ほどんど基礎のギリギリで切られてました。

後ろのお墓工事されるとき、カットされたのでは?と思います。

 

というわけで、結果オーライで、

DSC_0007

型も組めて。

 

 

DSC_0012

コンクリートも施工できました。

この現場は、しばらく放置となります。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0020

お墓の立て直し、はじめました②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

かなり久々の雨の朝の兵庫県豊岡市です。

たまには雨も降ってくれないとね。。。

 

お墓の解体後、新たなお墓の建立工事しております。

コンクリート製(?)の舞台の撤去工事。

DSC_0020

上のふたの部分をとりあえず撤去。

中が見えました。

お骨拾いで拾え切れなかったご遺骨が少しと、内部の土をお預かりして、

DSC_0028

 

撤去作業、再開。

 

コンクリートも鉄筋が入ってないと、セリ矢で割って、解体するのが早いですね。最初は順調に割って行ったんですが、

 

DSC_0032
隣のお墓との境界を撤去したら、大きな穴が。。。(^_^;)

DSC_0040

 

見なかったことに。。。いやそれはできないですね。(^_^;)

DSC_0042

 

まあ、古いお墓なので、いろいろなことがありますね。(^_^;)

DSC_0043

 

で、最終的に、土中に埋まっている基礎石を撤去していたら。。。

嫌な予感が。。。

 

DSC_0046

玄武岩ですが、後ろのお墓の基礎の下に。。。(^_^;)

どうしたらええんだら~あなあ。。。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0044

「商い中⇔支度中」を作成

「兵庫県の石」玄武岩で試し彫

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
先日、試験使用した、半透明のブラスト保護シートの手切り感を確認するため、
余っているものを使ってみました。

ただ、最終バージョンは透明シートなので、
こちらはお蔵入りとなりそうですが。。。
とりあえず、彫刻してみます。

ちなみに、石は兵庫県の石、「玄武岩」です。

DSC_0041

 

表側、「商い中」はいつものブルーシートを使って彫ります。

DSC_0044

手切り感は?

この保護シート、プロッタというカットする道具で切る場合と
自分の手で、カットする場合がありますが、
私は、いつも手でカットします。

ちなみに、私、小学生の頃から、父に言われて
この保護シートのカットをしてましたので、すでに
カット歴40年くらいは行きますかね。
結構ベテランです。。。(^_^;)

手切り感は、ほとんど同じですね。
硬さ、切りにくさも同じ程度。
ゴムシートで手切りされている方からすれば、
おそらく「硬い」と感じられるでしょうね。

厚みは薄いのですが、
切る時は、力がいります。
また、滑る感じがするので、コツがいります。
両手で切る感じで切れば、おそらく大丈夫でしょうね。

試しに彫刻してみます。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

04901165103109

お墓そうじって意外と奥が深いかもです。。。

ときどき、こういう話を聞きませんか?
「お墓そうじに酸性の洗剤は絶対厳禁です。」とか
「研磨材が入った洗剤、たわしなどは、お墓の石を掃除するときは
使ってはいけません」とかいう話。

それは確かに一面では正しいのですが、
でも、そういう使ってはいけないものほど、
実は汚れが落ちやすい、のも事実です。

では、どうすればいいのか?
どうして使ってはいけないのか?
例外はないのか?

あります。
例外もあります。

こういう場合は、使っても問題ない。

こういう場合は、使ってもいいけど、
必ず、〇〇してね。

など、ルールを守れば、使える場合もあるんです。
逆に、こういう場合は、使わない方が、はやく掃除できる、とか。

色々なルールの中で、
その場、その場に応じたもの、道具をつかう。
それを踏まえて、お墓そうじしましょう。

それを簡単にご紹介します。

まず、お墓そうじする前に
準備段階として、
お墓の石の種類と状態を確認します。

① 一番硬い、花崗岩、いわゆるみかげ石と呼ばれる石。
それ以外の
② 玄武岩とか安山岩などのみかげ石より硬さは落ちるけど、
キメは細かい石。
③ それ以外の石。堆積岩とか、砂岩のなどの柔らかい石。

お墓に使われる石の代表的なものは、大まかにこの三つに分類されます。

そして、その状態。

① 研磨作業を経た、光沢のある磨き状態の石
② 磨いた石なんだけど、光沢はずいぶん落ちた石
③ 磨き工程を経ない、切削のみの石
④ 小叩き、ビシャン、バーナー加工などの手加工の石
⑤ 文字彫刻の中のえぐられた状態の石。

状態によって、この5つに分類されます。
それぞれによって、使ってもいい道具、使ってもいい洗剤、
使ってもいい刃物などが違います。

例えばですが、
刃物を使うことで、早くお墓そうじができるのですが、
その刃物もどう使うか、どの状態のお墓に使うか、
この場合、使ってはいけないのか。
など、色々と、違いがあるのです。

刃物を使うときの角度、
刃物の硬さ、
刃物を使う注意点、
引っかかった場合の対処法、
など。

そういった細かい部分のノウハウもお伝えします。

◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0013

梅雨があけたよ\(^▽^)/

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

ついに関西地方も梅雨明け宣言!!
の割には涼しいですが。

DSC_0013

朝5時半の豊岡市です。
昼間は暑くても、夜はぐっと気温が下がります。
なので、朝はいつもこんな感じです。
梅雨明けはいいのですが、お盆がじわじわと迫ってきて
プレッシャーとの闘いです。

で、
休日の間に、依頼のものを作成中。
(全然休日じゃねえな。。。(^_^;)

DSC_0010

何かは、秘密です。
まだオッケーもらってないですから。
でも、ダメでも作ろうとは思っています。

材質は玄武岩。兵庫県の石ですね。

 

DSC_0007

イメージは、おにぎり。
でも、台石がちょっと小さいか。。。(^_^;)

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0009-001

兵庫県の石、玄武岩。

おはようございます。
今朝は、真っ白な、
兵庫県豊岡市です。
視界が悪い、程ではないですが、この時期、珍しい天気ですね。

今日も曇り時々雨の天気のようです。

DSC_0013

さて、延び延びになっていた、玄武岩の置物、設置してきました。
玄関入って、すぐ。
校長室の真ん前です。

コウノトリのはく製の横に。

DSC_0009-001

 

玄武岩を設置してきました。
台は校長先生の手作りの木の台。
玄武岩とコウノトリ。
田鶴野小学校に田鶴野の有名なものが揃いました。

 

DSC_0011-001

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0005-001

石と木への彫刻。

おはようございます。
朝はいつもこんなですけど、
今日は晴れそうな兵庫県豊岡市です。

DSC_0010

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきたです。

昨日は、日曜でしたが、これらを作ってました。

DSC_0011-001

あまり深く彫らない、というご要望。
もともと墨で書いてあった文字を拓本して、
彫りました。

 

DSC_0003
それから、この玄武岩。
兵庫県の石になったので、
玄関に飾りたいとのことで、
上手くくっ付くように合場を加工。

DSC_0003-001

ネームプレートを作成して、
ちなみに、こちらも玄武岩です。

 

DSC_0005-001

完成。
あとは、現場に設置するだけ。
プレートの石は私が寄贈しました。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0015

細くてにょろっとしたものを踏みました(^_^;)

おはようございます。
久しぶりに晴れに近い曇り?な
兵庫県豊岡市です。

DSC_0011

今日は日曜日で、いろいろな行事があるようなのですが、
私は、お志事です。
文字彫刻デー、となるでしょう。

ところで、昨日は奥深いところまで行ってきました。

DSC_0005

家が全くありません。

 

DSC_0009

人も全くいません。

 

DSC_0013

おそらく、いるのは、クマと鹿とサルと、イノシシくらい。。。(^_^;)
まあ、もう少し奥に行くと、民家がけっこうあるんですがね。

 

DSC_0015
これで、分かる人もけっこういるかも。
以前、お墓の引っ越しさせて頂いたお墓の方が亡くなられて、
追加彫か、と思ったら
もう一杯に彫ってあって、新しく作り直します。
その打ち合わせで。

その途中、
なんと、
細くて、
にょろっとした
体温が低めの生き物を
車で踏んづけたような、
気がしたんです。。。(^_^;)

でも、帰りに恐る恐る通ると
。。。
。。。
いませんでした。

死んではいなかったようです。
生命力あふれる生物ですからね。

良かった。

 

ということで、

DSC_0003

これの加工も時間があれば、やりますよ。
先生直々のご依頼なので。

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

看板用に玄武岩を磨いてみました。

玄武岩の大きめのやつを磨いてみました。
表札よりも看板用に使える大きめのやつです。

DSC_0004

色はやや薄手。
でも、こっちの方が玄武岩らしいかな?

DSC_0003

サイズは、横幅は45センチ。

DSC_0011

縦は33センチくらい。

DSC_0014

厚みは約4センチです。

DSC_0020

看板や表札には一番合う厚みですね。
あまり厚いと重たくて施工不良となりますし、
薄いとせっかくの玄武岩の質感を失います。

DSC_0022

大きさはイメージとして、これくらい。

DSC_0028

けっこう大きいサイズですよね。
これより大きいサイズは単品製作となります。

DSC_0033

10枚くらいはできると思います。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

DSC_0003

お墓のリフォームその①

急に寒くなってきましたね。
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

寒いのは慣れてますけど、
但馬ってところは冬は、雪なり雨なりが降るものなので、
降水されると、お墓工事が出来なくなって、困るので、
テンション下がります。

寒いけど、晴れてるってのが、理想なんですが、
そういう天気ってほとんどないんですよね。
太平洋側にお住まいの方、羨ましいな、って
この時期だけ思います。
でも、好きです。豊岡(^_^)/

ところで、お墓のリフォームしてます。
ひじょーに歴史あるお墓です。
このお墓のリフォームが出来て、幸せです。
なにしろ、いにしえの石職人の仕事が
実感できるんですから。
楽しい仕事です。

さて、このお墓の納骨口に不具合があるので、
改修工事と追加彫彫刻します。

DSC_0002
竿石(佛石ともいいますね。)を隣りに移動させてもらって、
上台に戒名が彫ってあるので、それはお持ち帰り。
更に下台を持ち上げて、移動し、
ご遺骨が見える状態になりました。
その周りに、モルタルと水板を設置。
なにしろ、この台石、玄武岩を挟んだだけで、設置されていたんです。

何ということでしょう!!!

というわけで、応急処置ではありますが、
下台の基礎部分を設置します。
本格的な基礎は出来ませんが、
とりあえず、玄武岩のコッパで支えられている
お墓ではなくなりました。

DSC_0026

固まるまでは、養生させていただきます。

DSC_0029

その後、次のリフォーム現場へ。
リフォームがやけに多いです。

先週はお墓じまいが2件だったので、
それよりはいいかもですね。(^_^;)

久しぶりの樹脂固めの施工します。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン

「ようきんさった」とは?

おはようございます。
昨日は台風のおかげで、一日工場の中。
但馬、豊岡のお墓のプロおおきたです。

そこで、以前書いた、筆文字を使って
ウェルカムプレートを製作しました。

DSC_0002

以前書いた文字。
私が書きました。
「ようきんさった」とは
但馬弁で
「よく来られましたね」とかいう意味です。
もう少し、親近感がある表現ですが。

まず、玄武岩に写してみました。

DSC_0001

この時点で、間違っていたんですよね。(^▽^;)

それから、上にイラストを入れようかなって思っていると、
天の声が!!

「コウノトリを入れなさい!!」

天の声には逆らえないので、
コウノトリを入れてみました。

11999003_862444257180813_4321558671060977061_n

これを輪郭のみ写して、

DSC_0002

 

はい、こうなりました。
すでに彫刻しております。

DSC_0005

 

文字だけ白の色を入れて。。。

DSC_0024

だ、
だめだ!!
バランスが悪すぎる!!
もう少し、コウノトリを大きく。。。
というか、
文字が下過ぎる。。。

失敗です。

やり直しですね。。。

DSC_0021

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


bitmap
(※ 友だち申請後、必ずチャット機能でコメントを投稿してください)
メール問合せボタン
電話問合せボタン