四国青石、再び。

DSC_0082

ずいぶん庭のツツジも咲いてきました。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北です。
ガラッと玄関を開けて、
花を見られるって、贅沢ですよね。

こういう庭を作ってくれた父に感謝。
いつも掃除してくれている奥さんにも感謝です。

DSC_0009-001

昨日持って帰ってきた副碑。
こんな墓地ばかりなら言うことないんですが。。。(^_^;)
これの追加彫刻。

それから、来週行く予定の解体工事の下見&お寺さんとの打ち合わせ。

そして、明日、施工するお墓の積み込みなどをする予定ですが、
明日、できるかどうか。。。(^_^;)
ところで、昨日ご紹介した、四国の青石。

DSC_0025

私も使ってました。

DSC_0064

昨日、キツネに会った(??)お墓です。
もう15年くらい昔に建てたお墓ですが、
四国の青石使ってました。

ただ、最近は使ってないですね。
次の現場で使う物置石、こんなです。
小判型。石は外柵に使う石です。

DSC_0073

G623という石です。
確かに、趣ないですね。

ただ、問題もないです。
欠けたり、割れたり、ということはまずないです。
みかげ石(花崗岩)ですから。
しかも、安い。

どうしてもこうなってしまうんです。

確かに四国の青石の方が、趣があっていいです。
きずもあるけど、私が施工した丸いやつは、15年しても
欠けてもないし、割れてもないし、
たぶん、当たりの石なんでしょうね。

でも、当たりはずれがある。
いい時はすごくいいけど、
外れると、困ったことになる。
趣とか個性とか、そういうものが強い石って
そう言うリスクもある。
でもその幅自体も楽しむ。

そう言うのって大切な気がしませんか。

そう言いながら、私は無難な、リスクもない、
でも、遊びもない、楽しくない方になってしまってますが。
(個人的には遊んでみたい方なんですよ)

ご指名頂ければ、そちらもできますよ。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。