Q317~塔婆はいつまでお墓においておくの?

塔婆とは、塔婆供養に使われる木の板に文字が書かれたものです。

DSC_0025-2

こういうものですね。

年期、法事の際に供養としてお寺さんに作ってもらうものですが、
人が亡くなってから満中陰までにつくってもらうこともあります。

お寺、地域、宗派によって扱いはいろいろなんですが、
1年程度お墓に置いておくと、古びてきて、文字も見にくくなってきますので、
片付ける時期ではないかなって思います。

お寺さんにお炊き上げしてもらうのが一番いいのだと思いますが、
引き取って頂けない御寺院もあります。

石材店によっては、引き取ってもらえる石材店もあります。
(弊社では、おおきた石材店で建立していただいたお墓に関しては、引き取らせていただいております。)

地域での「どんど焼き」などで燃やしていただくのも一つの方法ではないかな。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。