【落ち葉が多いお墓】の防草工事はこれがいい!!

落ち葉が多い墓の防草化はこれ

 

忘年会続きで、その数に応じて、残業も増えてきて、やや疲れ気味の昨今です。

みなさん、忘年会、楽しんでますか?

IMG_20191219_185035

豊岡の名店で忘年会をさせて頂きました。とてもおいしかったです。

 

アイコン画像
お墓のアドバイザー大北和彦です
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店
☑ 兵庫県北部で唯一の「お墓ディレクター1級」です
☑ 雨漏りしないお墓「信頼棺®」の北近畿唯一の代理店してます
☑ (一社)日本石材産業協会常任理事もしております

 

ところで、先日工事開始した「防草工事+倒れた灯ろうの改修」工事が完成しました。

IMG_20191220_084908

倒れていた灯ろうも元に戻りました。

 

IMG_20191220_084920

お墓の石も清掃させていただきました。

 

IMG_20191220_084955

細かい部分も固まる土、ガンコマサを施工しました。

 

IMG_20191220_084943

狭い部分もガンコマサを施工しました。そして、固定用のステンレスの金具も設置しました。

 

IMG_20191220_084932

こちらの部分は隣の家の勝手口と隣り合わせているので、特に念入りに補強するため、ステンレス金具を付けました。

 

IMG_20191220_085117

正面の階段も清掃のみ、しました。かなり落ち葉がたまっていました。

 

IMG_20191219_093708

後ろの樹木を伐採したので、ホントにスッキリと日当たりが良くなりました。
ずいぶん晴れやかなお墓になったと思います。

「落ち葉が多い墓地」に最適な防草工事がこの固まる土です。おおきた石材店では「ガンコマサスーパー」という製品を使用しております。以前は苔やカビが発生して、すぐ汚くなって困ったこともあるのですが、最新のこの製品は「苔カビ抑制剤」を配合しているので、比較的、発生しにくくなっています。湿気の多い墓地でも対応できるかもしれません。
今、「草が生えて困るので、生えないようにできないかしら?」とお考えの方、私に20分のお時間をください。あなたに最適な防草工事の方法をお知らせします。

下のボタンから電話することができます。電話は直接、私のスマートフォンにつながりますので、他のものが出ることはありません。ご安心ください。また、不明な点がありましたら、直接私にお聞きください。どんなことでも可能な限りお応えいたします。でもご心配なく。電話番号が分かったから後から営業電話を掛ける、というようなことは一切致しません。強引な営業を掛けるということも決してしません。

なぜなら、そういうの私が一番嫌いだから。絶対にしてほしくないから。しかも時間の無駄だと思っているから。そんな時間があるなら、ホームページに記事を一つ書いた方がいいから、です。

ここまで読んでいただいたあなただけへお届けします。完全無料のお墓に関する無料電話相談ダイヤルです。スマホからご覧のあなたは、下の「電話 相談」と書かれた部分をクリックしていただけたら、私のスマホに繋がるようになっています。移動中、作業中の場合、出られないことがあります。どうか時間を空けてもう一度ご連絡ください。知らない番号で着信があった場合はこちらからかけ直すこともありますが、それ以上の営業活動はご了承がない場合、しませんので、ご安心してお電話ください。

電話で相談

「電話は苦手です」という方もメールにてお応えさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

メール相談

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。