「水害多い国」日本のお墓は水害に弱い。でもどうしたらいいの?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

日本全国で梅雨末期の豪雨での被害を受けられて、被災された皆さま、心からお見舞い申し上げます。
ご苦労さまです。思ったよりもあなたもお疲れのはずです。気持ちは分かりますが、少し休息も必要ではないですか。

また、ボランティアをしていただいている皆さんには心からお礼申し上げます。
お自身の体のことも少しだけ、気にかけてください。

本日は「日本は水害が非常に多い国」という話。

 

目次

  1. 水害が多い国、日本
  2. 水害の時、お墓はどうなる?
  3. お墓の中に汚泥が入らないお墓
  4. まとめ

水害が多い国、日本

床下浸水、床上浸水ってホントに大変なんです。

後片付け、水没して使えないものを捨てる。汚水、泥土の清掃、匂いもすごいです。
私も2004年の台風23号の水害の時は、消防団員として3日間、水害対策に当たり、
その後、自宅は被害なかったですが、友人知人の自宅、工場等の片づけにずいぶん行きました。
本当に気の遠くなる作業です。

 

ですが、少し考えてみてください。

家って、地面と同じ高さの家はありません。
つまり地面よりはるかに高い位置にある家に水が入ってくるという事は、かなりの高さまで水(と呼びますが実は汚泥)があふれているという事です。
お墓は建っている場所にも寄りますが、少なくとも、地面よりも低い場所にご遺骨が埋蔵されているのが普通です。

床下浸水でも、お墓の中は完全な水没です。

(※ 仮に家と同じ標高の場所にお墓が建っていると想定してですが。。。)

 

水害の時、お墓はどうなる?

時々、お墓のリフォーム、お墓の移転などで必要に迫られてお墓の内部を開けてみて、
泥に埋まっていたリ、埋まった汚泥が乾燥していたりというお墓を見かけることがあります。

明らかに、お墓の内部に汚泥とか水とかいろいろなものが入り込んでいるんですね。

DSC_0008-e1462683878182-500x666

お墓とは、その程度の水や汚泥や、いろいろなものが入り込んでしまう構造なのです。

 

だって、そうでないと、納骨が大変だから。
納骨って、誰か一人でも家族がなくなると、しなくてはならないことです。
時には短期間に何人かの人が亡くなってしまうこともあります。
出来るだけ簡単に納骨できるように、と石屋さんが考えてつくられています。

そこには、「お墓に納められた人(ご遺骨)と残された遺族の想い」というものはあまり重視されていません。
だって、納骨作業が簡単に速やかに完了できることがいちばん大事なのですから。

ほんとに中のご遺骨が大切だと考えているなら、
「少々の雨や水害でも水が入って来ない納骨室(カロート)のお墓を建ててあげたい」と思うはずではないですか?

実際にお墓の中を開けてみて、中に泥に埋まって、その泥が乾燥してカサカサになったご遺骨。
他人である私が見ても、何とも言えない気分になります。
大切なご遺族の誰かが見られたら、どう思うでしょうか?

 

お墓の中に汚泥が入らないお墓

お墓の中に水や汚泥が入らないお墓、実はあるんですよ。おおきた石材店が取り扱っている「信頼棺®」という構造のお墓です。
費用は少し高価になりますが、泥が入らないという信頼、安心を考慮すれば、決して高いとは思いません。
今あるお墓にリフォームで追加するという事もできます。

おおきた石材店ではお盆までに今建っているお墓に信頼棺をリフォームで設置する工事を実施します。
また、このブログで掲載しますが、もしご検討されているなら、台風シーズンまでがお勧めですよ。

 

まとめ

いかがでしたか。
最愛のお父様のご遺骨がお墓の中で泥だらけになって、それが忘れられて、乾燥しきって発見されるって、悲しいではないですか。
「お墓の中に雨水が漏れて入ってしまってもかまいませんか?」と聞いてみると、ほぼすべての人が
「それは嫌。」とおっしゃられます。
雨水が嫌なら、汚泥はもっと嫌だと思います。
最愛のお父様のご遺骨がそんな環境で安らかな気持ちにはならないと思います。

汚泥はもちろん、雨水も侵入してこないお墓、「信頼棺®」の兵庫県北部での唯一の代理店、おおきた石材店です。
直接ご連絡いただければ、「信頼棺®」のご説明もします。
新しいお墓をご検討の方、お墓をリフォーム工事しようかとお考えの方、ぜひ「信頼棺®」も同時も同時に考えてみては。

この説明だけでは信用できない、という方もたくさんいらっしゃると思います。
「信頼棺®」の構造は基本的に一般公開できない契約となっております。ですが、お問合せ頂いた方には、ご説明させていただきます。
ぜひ、この機会に「信頼棺®」構造のお墓を検討してください。

 

※ お問い合わせは、下の「お問合せ」ボタンから。
※ 「信頼棺®」を詳しく知りたいという方は以下のボタンから。

 

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。