兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー

お墓の草取り、どうやって取りますか?(前編)

  
\ この記事を共有 /
お墓の草取り、どうやって取りますか?(前編)

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今日は、お墓の草取り作業します。

 

DSC_0044-2

こちらの草が生えて、よくわからなくなっているお墓。草取りを中心に行います。

 

 

 

DSC_0048

 

暑いので、頭がぼーっとしてます。柳祭りの8月1日の午後です。

 

DSC_0061

墓地内には、主に2種類の草が生えております。
一つはこのまっすぐに鋭く伸びる草。
名前はわかりませんが。。。

もう一つは、笹、らしき草。背はあまり高くないですが、根がしっかりとしております。

笹は、根を取ることはほとんど無理です。
しっかりと根を張っているので、除草剤を巻くか、根こそぎ掘り起こすかしかできません。

なので、

この笹は、刈りこみばさみで上の部分だけカット。

もう一つのまっすぐ伸びる草は、引っこ抜くことが比較的容易なので、抜いていきます。

この根が意外とお墓に悪影響を及ぼすのです。

 

DSC_0084-2

副碑の前に置かれた拝石。明らかに傾いています。これは明白に草の根っこが持ち上げておりますね。

このように、草と言えども、お墓の石を持ち上げることは比較的よくあります。

なので、できるだけ根っこも抜いた方がいいのですが、しょっちゅうお墓そうじされる方は可能かもしれませんが、

年に何度かしか。。。という場合、なかなか根っこまで取り去るのは難しいです。

 

DSC_0093-2

このお地蔵様なども、明らかに後ろに傾いております。根が持ち上げた結果ですね。

 

と、こうなるので、除草剤で簡単に対処。。。となるのですが、それもデメリットがあります。

Copyright©おおきた石材店,2017All Rights Reserved.